So-net無料ブログ作成

明光 [夜景]

Bright
α7S + SEL1635Z




右から、ちょっと奥にあるのが北穂高岳、左に移動して涸沢槍と涸沢岳、そして奥穂高岳の山々です。

いずれも3000m級の山です。ここを歩くとしたら、自分は技術力を上げてからですね。

右側に見えるのは涸沢小屋です。ちょうど写真の反対側になる前穂高岳の眺望がとても良いことで有名です。

まぶしい月光の正面となるため、21時30分という時刻でもくっきりと夜の景色が浮かび上がります。

絶景を前にして、天気に恵まれた夜を前にして、まだまだ夜の撮影は続くのです。
タグ:α7S SEL1635Z
nice!(77)  コメント(12) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

蒼夜 [夜景]

Blue night
α7S + SEL1635Z




昼ご飯を食べながら撮影していると、あっという間にガスの中でした。いつも通り眠って夜に備えます。

21時頃に外を見るとかなりガスがとれてきたので、カメラを持ち出して撮影開始です。

ちなみに、テントから頭だけ出してあたりを確認する様は、まるで亀のようです。(*`▽´*)

月齢14に近い月が燦々とあたりを照らし、蒼い光が万年雪と紅葉の色を浮かび上がらせます。

これがずっと撮りたかった涸沢カールの夜景です。
タグ:α7S SEL1635Z
nice!(68)  コメント(12) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

到着 [山]

Arrived
α7S + SEL2470Z





テント場に到着っと。平日の12時前ということもあって、テント村もまだまだ閑散としています。

撮影を考え、奥ばった所にテントを張ります。が、しかし問題発生です。

なんと登山靴のソールがはがれました。。。修理キットで接着しますが、ろくに動けません。。。orz

写真は涸沢岳になります。右の鋭いピークが涸沢槍です。

紅葉も進んでいて、赤や黄色に緑が含まれていて良い感じです。青空にも恵まれて良かった。
タグ:SEL2470Z α7S
nice!(74)  コメント(11) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

接近 [山]


α7S + SEL2470Z




木々の間から奥穂高の山々が見えます。その下には目的地の姿もあり、原版では2つの小屋とテントも分かります。

上高地から横尾まではガスの中でしたが、本谷橋を超える頃から天候が回復してきました。

ただ、昼過ぎからは再び曇ってくる予報なので、ペースを落とさずに登り切らなければなりません。

だいたいの山っていうのは、登りはじめと小屋の手前がきついものです。^^;

もうひと頑張りしますか。どうやら紅葉も進行しているみたいですしね。
タグ:SEL2470Z α7S
nice!(64)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー