So-net無料ブログ作成
検索選択

白樺林のレンゲツツジ [樹々]

Under cloudy weather
α99 II + AF35/1.4G New『曇り空の下』


少し休憩を取っていましたが、だいぶ回復してきました。文章を書くのもおっくうではなくなってきました。

6月の中旬にいつもの白樺林を訪れると、予想通りレンゲツツジがほぼ満開という状況でした。天気は曇りでしたが、レンゲツツジを撮るには意外と悪い状況ではありません。なるべく白樺が密集しているところを狙っていきますが、やはりローアングルから上向きで撮影すると、白飛びが起きてしまいますね。


続きます。


静かに・・・

stock-still
α-7 + AF70-210/4 + Velvia100F




おつかれ~、お疲れ、お疲れです。。。なんだか本当に疲れた。。。凹凹凹。。。

静かなところで、何もせずに、ぼ~っとしたい。

森の中で静かに佇むあじさいに様に。

緑がいやしてくれます。

ふぅ。。。お疲れ様。。。

白い妖精が舞う [花々]

White dances
α-7 + AF24/2.8New + TREBI 100C




約1年前の写真を蔵出し~。フィルムはすぐに現像できないから、どうしても周回遅れになってしまいます。(汗)

青空と白樺や唐松の緑と、ズミの白い花の色が印象的な写りとなっていました。

その割にはこのフィルムをスキャンしたのは昨日と、1年間は本当に日の目を見ることはありませんでした。

TREBI100Cも残りは6本と、いよいよ終わりが見えてきました。2010年の終売から長く持ったなぁ。。。

本日もここを訪れましたが、すでにこのズミの木は花が終わり若葉で覆われておりました。

夜明けの満月 [空]

The full moon in a dawn
α99 II + AF70-200/2.8 APO G(D) SSM




撮影も深更になるころから徐々に湿度が上がり、薄い雲海が現れ、微かに眼下の街を消しました。

目の前に見えるのは、山の稜線とそこに沈んでいく満月のみでした。

満月はとても明るいので、カメラを使うと夜の風景が容易に浮かび上がりますが、それはまたの機会に。。。

月がないとどう切り取るか分からないものですが、満月ともなると自然にカメラを向けることができます。

この夜、ずっと周りを照らしてくれた月に感謝しながら、一日の終わりを迎えました。