So-net無料ブログ作成
検索選択

立夏の水辺 [水]

なんだかお疲れ・・・何でだろうな。

ゴールデンウィークの疲れが抜けないのかな。。。
セーブして動いていたつもりだけれど、だんだん体が思うようには動かなくなってきている。
そんなゴールデンウィークの写真です。



続きます。


夜明けのブルー [水]

Blue in a dawn
α99 II + AF70-200/2.8 APO G(D) SSM




今年は新緑の芽吹きも遅く、ほとんど緑は見えない状況でした。

夜明け前に到着すると、風も穏やかで水鏡のようになっていました。急いで撮影に入ります。

写真は引き算と言われます。封印していたAF70-200/2.8G SSMを使い、切り取る場所を慎重に選び取ります。

撮影していると_osamu_photo_さんが登場。群馬のいろいろな情報を教えていただきました。

このほかにもいろいろと撮影したけれど、現像が間に合いません。。。残りはまたそのうちにアップしよう。

繰り返される日常 [水]

Repeated dawn
α99 II + AF50/1.4New




毎日起きて、会社に行って、一応仕事して、帰ってきて眠る。

会社に行くときは眠さに負けそうになるけれど、撮影に行くときは不思議と良い目覚めのことがあります。

この違いは要するに・・・orz

話は変わりますが、とうとうEマウントレンズを買ってしまいました。。。しかも2本も。

これがAマウントとさようなら物語の第二章の始まりなのか。う~ん、当分無いと思う。思う。思うぞ。。。

白と青 [水]

Blue on white
α99 II + AF17-35/3.5G




光の要素の全てが反射すれば白です。影には直接は光が届かないので波長の長い光の成分だけが反射します。

雪の上の陰は青い色を帯びることがありますが、これがその理由です。

白樺の白の向こう側にはやはり空の青があります。これも光の反射によるものです。

白と青という二つの色が交互に重なります。

冬という世界に閉じ込められた色は、とってもシンプルでした。