So-net無料ブログ作成

闇夜 [空]

After sink
α7S + SEL1635Z




月が沈んだ後はそれまで隠れていた星が輝きを増します。その代わり、地上は本当に真っ暗です。

薄明も進み、そろそろ朝の景色になろうという頃に、オリオンが前穂の上に来ました。

本当はもう少し軌跡を伸ばしたかったけれど、夜明けの時間が迫ってきたのでここまでと判断しました。

年に一回訪れるか否かというチャンスですが、天気もありなかなか思ったとおりにはいきませんね。

いろいろと勉強して、クイックに判断を下して、撮影の経験をより積んでもっとうまく撮影したいです。

タグ:α7S SEL1635Z
nice!(56)  コメント(5) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

着いてそうそうの夕焼け [空]

Evening at the cape
α99 II + AF35/1.4G New




トップシーズンの伊豆半島はアクセスする道が限られることもあって非常に混みます。

余裕を見て出発したはずが、夕焼けの真っ最中に現地に到着でした。

夕焼けはどうでもいいや、とは思っていたものの、遭遇してしまうとそんなものはどこへやら・・・

周りは人がいっぱいです。観光客多し。でも、夕暮れが終わるとあっという間に消えてしまいます。

後で楽しめるように、皆さん、スマホでシャッターを切っていました。はい、スマホはろくに使えません。。。orz
nice!(64)  コメント(3) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

夜明けの満月 [空]

The full moon in a dawn
α99 II + AF70-200/2.8 APO G(D) SSM




撮影も深更になるころから徐々に湿度が上がり、薄い雲海が現れ、微かに眼下の街を消しました。

目の前に見えるのは、山の稜線とそこに沈んでいく満月のみでした。

満月はとても明るいので、カメラを使うと夜の風景が容易に浮かび上がりますが、それはまたの機会に。。。

月がないとどう切り取るか分からないものですが、満月ともなると自然にカメラを向けることができます。

この夜、ずっと周りを照らしてくれた月に感謝しながら、一日の終わりを迎えました。

山頂の夜明け [空]

Morning in the top
α7S + LA-EA3 + AF17-35/2.8-4(D)




日曜日に山歩きをしてきましたが、まだ現像が終わっていません。ということで蔵出しです。

こっちは本当に自分の足で歩いて行かないと見ることができない景色です。

とはいえ、1時間ぐらいということと登山道が整備されているので、日中であれば初心者コースです。

パープルの空があれよあれよという間に富士山にまで染まると共に、雲海が印象的な朝でした。

欲を言えば、もう少し手前まで雲海が広がってくれというところです。自然相手なので仕方ないですが^^;

おまけ