So-net無料ブログ作成

冬の浅間山 [山]

Mt. Asama in winter
α99 II + AF70-200/2.8 APO G(D) SSM




冬の浅間山です。真っ白な山が幾つか続いていますが、最も右の煙を吐いているのが浅間山です。

浅間山も活発な火山なので山頂は立ち入り禁止です。自分は黒斑山までしか登ったことはありません。

久しぶりに熱を出しました。原因は疲れなので熱が下がれば問題ありませんが、休んだことはちょっと痛いな。

来年度も山に撮影に休みたいので今年度の残りは温存策のはずが、もう7日しか有給休暇が残っていない。

来年度は2泊での山行を幾つか考えているから、3月の休みは1日ぐらいにしないといけないな。
nice!(50)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

夜空と暁月 [空]

Representative of spring
α99 II + 14mm F2.8 ED AS IF UMC


もう1ヶ月も前になりますが、湖の畔で一晩撮影をしていました。
車で湖畔まではいることができるのでとても楽な場所です。それほど広いスペースがあるわけではありませんが、かといって狭いわけでもなく何人かいても悠々と撮影できます。この日は川崎からいらした方と二人での撮影となりました。
左側と正面奥に道があるため、時々ではありますが車のライトを拾います。広角で撮す場合は左側の道路に注意が必要ですし、長時間露光を行う場合は正面奥の道路に車が通らないように祈るしかありません。
 
 

続きます。


nice!(49)  コメント(5) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

SEL24105Gという万能レンズ [機材・レビュー]

Color without forests
α7S + SEL24105G


SEL24105Gが到着して何回か撮影に持ち出す機会がありましたので、フィールドで使用した結果から軽くレビューでもしたいと思います。

SEL24105Gもレンズ補正が前提となっている模様で、JEPGでの出力結果とRAWでの出力結果は変わってきます。レンズ補正が入っているので杉林もきれいに並んでいますが、105mmのレンジでは未補正のRAWでは糸巻き型の収差が容易に確認できます。これを問題とする気はもう無く、ミラーレスはフィルムでの使用を考えなくて良いので、こういうものだという認識に変化してきています。
EVFを強烈に毛嫌いしていた自分ですが、使ってみるとメリットが多いことを理解したのと同じように、補正が入ることでレンズのサイズをある程度は小型にすることができるはずで、むしろこれ以上の大きさというのは望むべくもないという考えに変わってきています。
 
 

続きます。


nice!(41)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

頭上の青空 [樹々]

The blue sky above
α7S + SEL1224G




12mmという超広角の世界で切り取ることができるSEL1224Gですが、広角はやはりコントロールが難しいです。

ファインダーの隅々まで確認しないと、すぐに余計なものが入り込みます。

けれども予想外のエリアを切り取ることもできて、新しい気づきを得ることができるレンズといえそうです。

デメキンレンズなので物理的な取り回しにも苦労させられます。

ロクに使うことができていないレンズですが、持ち出す頻度を上げて今一度しっかりと使いこなしたいですね。
タグ:α7S SEL1224G
nice!(45)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー